天気予報

4

-5

みん経トピックス

特集

インタビュー2013-12-20

史上最多の観光客-旅行会社「あっとニューヨーク」が語るNYの魅力とは?

ニューヨークのブルームバーグ市長は、2013年にニューヨークを訪れた観光客は史上最多の5430万人に達する見込みだと発表した。全体の約2割が海外から訪れる観光客だという。2001年の同時多発テロ発生により一時は観光客数が落ち込んだが、その翌年からは右肩上がりが続いている。ここニューヨークを拠点に、旅行業全般を手配から催行まで行う日系旅行会社「あっとニューヨーク」は今年で創業14年目を迎える。今回Marketing Directorに就任した泉田徹さんに、現地のプロのみぞ知るニューヨークの魅力と、同社の今後の展望について聞いた。

ニューヨークを思いっきり満喫

新たな観光名所となる新ワールドトレードセンター

Marketing Directorの泉田さん

—Marketing Directorに就任した今の気持ちはいかがですか?

ニューヨークは何度来ても飽きず、新しいものが次々と生まれる大都市です。そんなニューヨークの魅力を存分に味わってもらえる素晴らしい旅行商品が弊社にはたくさんあります。今はその商品を販売するという大きな責任に対するやりがいとともに、プレッシャーを感じています。弊社の利用客のみならず、主戦場であるニューヨークへの日本人旅行者数をどれだけ伸ばすことができるか、それが私の任務だと認識しています。とにかくギアを上げて成長スピードを上げることを求められていますので、できるだけ早く期待に応えられるよう目標を達成していきたいと考えています。

—御社独自の特徴や強みはどこにありますか?

もともと弊社は「あっとニューヨーク」というニューヨークの旅行情報サイトに端を発しております。ウェブサイトからスタートしたビジネスですので、インターネットの普及とともに自然に成長することができました。インターネットの黎明(れいめい)期からサイトを開設してきたこともあり、先行者権益を享受できたわけですが、オンラインを抜きにしてもビジネスの成功にはいくつかの要因があります。

まず第一に弊社のミッションである、「当地の商品やサービスを提供することで日本人旅行者に喜んでもらう 」というサービス業の基本に常に立ち返り忠実に営業を行った結果が挙げられます。オンラインでの営業が中心ですが、お客さまのほとんどが日本人旅行者です。当然、お客さまは日本のサービス・スタンダードを常に期待されています。弊社が日本人としての細やかなサービスをニューヨーク現地で提供し続けてきたことには大きな意義があると思います。

次に、弊社独自のサービスは、営業・販売・手配・催行という旅行ビジネスを一貫してインハウスで行っている点です。ガイド業などそれぞれの業務では、ニューヨーク現地に住むその道のプロが職務を担っています。またオンラインでの営業と販売だけではなく、実店舗やオフィスでの手配からツアーの催行までを全て自社内で行っております。ツアー車両につきましても、ニューヨーク市のタクシー&リムジン委員会のライセンスは、取得するのが非常に困難なため、数ある日系旅行会社でも弊社を含めた数社しか取得していません。

—「あっとニューヨーク」ではどのような旅行商品を扱っていますか?

「ワンストップでニューヨーク旅行の全てがそろう」のキャッチコピーをモットーにしており、現在では30コース以上のツアーを用意しています。当初はニューヨークの市内観光を催行するところから事業をスタートしておりましたが、およそ10年をかけて独自の多彩なツアーを企画してきました。

ツアー以外では観劇チケットが人気です。最近ではミュージカルチケットの販売がたいへん好調で、サプライヤーとの契約により、オフブロードウェイも含めより安価にミュージカルのチケットをお求めいただけるようになりました。

そのほか、ヤンキースなどプロスポーツの観戦チケット、オペラ・バレエなどの観劇チケット、空港送迎、専用車のチャーターなどニューヨーク現地の旅行商品を幅広く取り扱っております。

クリスマスに飾り付けられた郊外邸宅

—ニューヨークの冬はとても寒いですが、この季節におすすめの旅行商品はありますか?

この季節はマンハッタン市内とニューヨーク郊外を巡る「クリスマスのイルミネーションツアー」をおすすめします。クリスマスシーズンのニューヨークは世界で最も美しくロマンティックな街になり、郊外の住宅地でもディズニーランドさながらのイルミネーションで飾り付けられています。

冬場はニューヨークの空気が特に澄み渡ります。エンパイアステートビルやトップ・オブ・ザ・ロックなどの展望台からの景観は壮大で、空気の澄む日は100キロ先まで一望できます。マンハッタンの夜景が大変美しくなる季節で、「百万ドルの夜景ツアー」が人気です。

ミュージカルは一年中鑑賞ができますが、特にこの時期は冬の風物詩といわれるメトロポリタンオペラとニューヨークシティーバレエが人気です。メトロポリタンオペラは言わずと知れたアメリカ最大のオペラハウスです。ニューヨークシティーバレエではサンクスギビングから新年までのホリデーシーズンではチャイコフスキーの「くるみ割り人形」がご覧いただけます。

—最後に、御社の今後の施策や展望についてお聞かせください

優先事項は多数ありますが、一つはサイト開発のスピード化を図っていく予定です。最近ではフェイスブックなどのSNSが伸びており、インターネットユーザーの行動様式が急激に変化しております。そのテンポに遅れずにサイトを開発していきたいと考えています。

具体的には、気軽に楽しめるコンテンツ提供をしていこうと思っております。動画サイトなどが一般的に使われるようになりましたので、テレビの旅行番組のようなコンテンツを作成し、潜在的な需要を顕在化できるサービスをサイト内で提供したいと考えています。商品の案内もブログで簡単に説明し、手軽に予約できるウェブサービスを提供できればと考えます。旅行は本来楽しいものです。それをより潜在顧客となる旅行者と身近に共有できればと思います。

展望としましては、あくまで私見ですが、まだまだ成長余力があると思っています。一つの要素としては円高水準が安定してきたこと。次にインターネットのプラットフォームが質と量ともに安定してきており、インターネットを使った旅行予約という購買スタイルが普遍なものとなってきたことが挙げられます。

さらに、オンラインだけではなく店舗、電話での顧客サービスにも今後は力を入れていこうと思います。旅行の詳細を直接聞きたいという顧客ニーズはまだありますので、電話や対面販売などお客様が望まれる最良のサービスを総括的に提供できればさらに需要は増えると思います。

—ありがとうございました。

About

【プロフィール】
泉田徹(いずみだ・とおる)さん
1986年生まれ。長崎県長崎市出身。武蔵野美術大学卒。Marketing Directorでありウェブサイトのデザイン及び運営を兼務。

【あっとニューヨークについて】
社名は、英語表記でAt New York and Company。ニューヨークの中心マンハッタンにある日系旅行会社。おもにニューヨークを訪れる旅行客に観光ツアーの催行や空港送迎、スポーツ観戦チケットや、ミュージカル等の観劇チケットの販売を行っている。個人から団体、VIPから企業旅行者まで、多くの旅行客に利用されている。

あっとニューヨーク
http://www.at-newyork.com

フェイスブック
https://www.facebook.com/At.NewYork.Official

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

福島県近江町の伝統工芸品「相馬焼」を説明する松永さん Photo Credit: Fellowship for Japan
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

ニューヨークで思い切り楽しみたい!みなさんはどんな特集に興味がありますか?

アクセスランキング