天気予報

25

11

みん経トピックス

NYで和牛の魅力伝えるNYに「一蘭」米国1号店

NYマンハッタンで「ジャパンフェス」 ラーメンコンテストも

  • 0
NYマンハッタンで「ジャパンフェス」 ラーメンコンテストも

会場でラーメンの食べ比べに参加する人々

写真を拡大

 マンハッタンのアッパーウェスト(Broadway between 92nd and 94th Streets)とミッドタウン(4 West 43rd St)で10月16日・17日、「秋祭り&ラーメンコンテスト」が開催された。

会場の様子

 日本の文化を紹介する「ジャパンフェス(Japan Fes.)」の一環。今年で32回目となる同フェスはこれまで、「ジャパンブロックフェア(Japan Block fair)」の愛称で親しまれてきたが、7月にイベント名称を変更した。

 初日の16日は約60店が2ブロックを使い、さまざまな日本文化を紹介した。ラーメンコンテストは、ラーメン店12店のラーメンを食べた参加者に投票を呼び掛け、会場の人気順位を決めた。コンテストの結果は、日本から参加した「175゜DENO担担麺」(北海道札幌市中央区南1条西6丁目KYビル1F)と「麺屋二郎」(鹿児島県指宿市湊1-9-17)同点1位となった。

 「175゜DENO担担麺」社長の出野光浩さんは「ニューヨークでは豚骨ラーメンが一般的のようだが、私たちの自家製ラー油やサンショウを効かせた担担麺をニューヨーカーに味わってもらい、ラーメンの新しいイメージを作りたい」と話す。

 同店の担担麺を食べた参加者は「ラーメンは好きでよく食べるが、このようなスパイスのきいたラーメンを食べたのは初めて。とてもユニークでおいしかった」と話していた。

 伝統的な鹿児島ラーメンを販売した「麺屋二郎」店主の安間二郎さんは「豚骨ラーメンといえば、こってりスープに細麺というイメージが強いが、当店の豚骨ラーメンは中太麺にあっさりスープが特長。お客さんの中には、おいしいと2杯、3杯お替りしていく人もいて、ニューヨーカーにも受け入れられてよかった」と話す。両店ともニューヨークでのイベントに参加するのは今回が初めてという。

 17日はジャパンフェス初の屋内開催となり、会場では、ラーメンをはじめ、日本の酒やビールなどが振る舞われた。夕方からは、書道家、画家、歌手など日本のアーティストによるパフォーマンスが行われた。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

「エンタメ・スポーツの会」参加者のみなさん Photo credit: Shintaro Ueyama              
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

ニューヨークで思い切り楽しみたい!みなさんはどんな特集に興味がありますか?

アクセスランキング