見る・遊ぶ 買う

日本人クリエーティブユニット「AmPm」、ニューヨークで初公演

仮面をつけて登場する「AmPm(アムパム)」の2人

仮面をつけて登場する「AmPm(アムパム)」の2人

  •  

 クリエーティブユニット「AmPm(アムパム)」の単独公演が3月27日、ニューヨークのThe Lately(357 W16th Street)で開催された。

 AmPmは、デビューから1年でSpotifyでの総再生数が2000万回を突破し、starRoとの共作やAfrojackのリミックスを手掛ける正体不明の2人組クリエーティブユニット。3月23日~25日に米マイアミで開かれた世界最大級のダンスミュージックの祭典「Ultra Music Festival 2018」に出演し、米国初上陸を果たした。

[広告]

 初の単独公演となったニューヨーク公演では、オリジナル曲の「Turn Your Love Around」を含む約1時間のパフォーマンスを披露し、会場に訪れたニューヨーカーを楽しませた。来場者は「パフォーマンスも仮面もクールだった」と感想を話す。

 AmPmのメンバーは「デビューからわずか1年で、アメリカで単独公演ができるとは夢にも思わなかった。特にニューヨークはAmPm結成のきっかけとなった場所でもあり、2人とも個人的にも大好きな場所。今回の公演をきっかけにニューヨークで、そしてアメリカの多くの場所でAmPmのライブができるよう、日々の活動も頑張っていく」と意気込みを話した。

ニューヨーク経済新聞VOTE

ニューヨークで思い切り楽しみたい!みなさんはどんな特集に興味がありますか?