天気予報

26

17

みん経トピックス

NY暴風雪直撃、死者もNYの映画館で場内ディナー

NY博物館に世界最大級の恐竜骨格模型 展示ホールに収まらず

NY博物館に世界最大級の恐竜骨格模型 展示ホールに収まらず

頭を出し来場者を迎える巨大恐竜
Photo Credit: AMNH/Finnin

写真を拡大 地図を拡大

 ニューヨークのアメリカ自然史博物館(Central Park W 79th St.)に1月15日、世界最大級とされる恐竜の骨格模型展示が始まった。

骨の化石も一部展示されている

 同模型は 2014年に南米アルゼンチン・パタゴニアで発見された新種の恐竜で、生息していたと思われる1億年前の推定体重はおよそ70トン。白亜紀に生息したティタノサウルスの仲間とみられ、正式な名前はまだ付けられていない。発見したのは、アルゼンチン考古学者のディエゴ・ポロ博士をはじめとする古生物学博物館チーム。

 実際の化石組み立ては重すぎるため、84個の化石を基に3Dプリンターでグラスファイバーの骨パーツを製作し組み立てた。模型の全長は37.2メートル、高さは6メートル。展示ホールに収まらず、入り口から頭を出して来場者を迎えている。会場では模型と並んで、同恐竜の化石の一部も展示している。

 開館時間は10時~17時45分。入場料は寄付制(大人=22ドルが目安)。展示期間は2020年1月1日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ニューヨークの銀座ともいえる5番街に店を構える
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

ニューヨークで思い切り楽しみたい!みなさんはどんな特集に興味がありますか?

アクセスランキング