米国永住権抽選、日本人636人が当選-本年度受付の開始迫る

米国永住権抽選の当選者が発表された。本年度の受付開始は10月を予定。

米国永住権抽選の当選者が発表された。本年度の受付開始は10月を予定。

  •  
  •  

 米国務省のウェブサイトで米国永住権抽選プログラムの2013年受付分当選者数が発表された。

 同プログラムは、米国に永住できる権利を年に一度抽選で与えられるもの。申請はウェブサイトから無料で行うことができ、当選者はコンピューターで無作為に選ばれる。昨年は1439万7781人の応募があり、当選数は12万5514人だった。

[広告]

 米国への移民数が少ない地域に割当数を多くし、カメルーン、リベリアの当選者数は最大の5000人。アジアではイラン、ネパールが約5000人、日本は636人の当選があった。この中から先着5万人に永住権が交付される。

 ニューヨークに住む日本人男性は「通常、永住権取得には膨大な時間と費用がかかるので、このプログラムには毎年応募している。永住権があれば業種の制限がなく働くことができ、起業することもできるのでとても魅力」と話す。

 本年度受付は米国務省のウェブサイトで10月に発表される。応募資格は、高校卒業以上の学歴、または過去5年以内に2年以上の職業訓練や経験があること。対象国は米国への移民率が高い中国や韓国などの16カ国を除いた国々。日本は対象国に含まれ、日本国内からインターネットで応募することができる。応募期間は受付開始から約1カ月。

  • はてなブックマークに追加

ニューヨーク経済新聞VOTE

ニューヨークで思い切り楽しみたい!みなさんはどんな特集に興味がありますか?