見る・遊ぶ 買う

家族の姿を3Dフィギュアに-「無印」世界同時キャンペーン、NYでも

表情まで細かくされた3Dフィギュア

表情まで細かくされた3Dフィギュア

  •  
  •  

 「無印良品」を手掛ける良品計画は現在、「MUJI to GO」と題して「いい旅を提供する」7000アイテムを紹介すると同時に「MINI to GO」キャンペーンを世界同時展開している。

 今年の「MUJI to GO」のテーマは「地球の背中」。家族と旅を重ねることによって、その背中には記憶が刻まれるというストーリーを踏まえ無印良品のウェブサイトでは家族のロードムービーを公開している。

[広告]

 キャンペーンはニューヨーク店でも実地し、期間内に30ドル以上購入した客にシリアルナンバー入りの応募券を渡す。3Dフィギュアの当選権は、世界に住む10組の家族が対象。当選した家族は東京・大阪・ニューヨーク・上海のいずれかの店を訪れ、3Dスキャナーを用いて撮影を行うと最大20センチの家族ミニフィギュアを無料で作ることができる。店頭には、表情などの細かい部分まで再現したサンプルの3Dフィギュアを飾る。さらにANAとコラボし、抽選で1家族にANA就航便の発着する好きな区間の旅を進呈する。

 同店を訪れた日本人女性は「サンプルを見てかわいい思った。3Dで自分のフィギュアを作れる機会なんてないから、30ドルの買い物をして申し込もうと思う」と話していた。

 現在、タイムズスクエア店(620 8th Ave.)ではデジタルアートをつくる3Dスキャナー特設ブースを開設。同店での商品購入客全員が参加でき、3Dポートレートを手持ちのスマートフォンでダウンロードすることができる。360度回転できる3D画像はスマートフォンの中で旅をしている感覚を楽しむことができるという。

 キャンペーンは8月15日まで。

  • はてなブックマークに追加

ニューヨーク経済新聞VOTE

ニューヨークで思い切り楽しみたい!みなさんはどんな特集に興味がありますか?