暮らす・働く 学ぶ・知る

北米最大の見本展「NY NOW」に京鹿の子絞振興協同組合が初出展

NY NOW内「京鹿の子絞」ブース展示の様子

NY NOW内「京鹿の子絞」ブース展示の様子

  •  

 インテリアと雑貨の見本展「NY NOW(ニューヨーク ・ナウ)」がニューヨークの「Jacob K. Javits Convention Center(ジャビッツ・コンベンションセンター)」(655 W 34th St.)で2月3日から6日まで開催された。

 当展示会は年に2回開かれ、ギフト用品、日用品、デザイン雑貨などを幅広く取り扱う。規模は北米最大で毎年世界各地から多くのバイヤーが訪れる。 

[広告]

 今回、日本からは、京都の伝統技法「京鹿の子絞」の関係社9社が初出展。ブースでは、各社のユニークな商品の展示とあわせて、瑞宝単光賞を受賞している川本和代さんが実演を行い、来場者の注目を集めた。

 出展社のひとつである、鹿皮の絞り染め商品を扱う「いづつ」の山田智久さんは「アメリカでは光沢感がある素材も人気があることが分かった。今後の商品開発に生かしていきたい」と話した。

ニューヨーク経済新聞VOTE

ニューヨークで思い切り楽しみたい!みなさんはどんな特集に興味がありますか?