天気予報

16

4

みん経トピックス

フードトラックで食料支援ミッドタウンに日系スーパー

NYのアーツ・アンド・デザイン美術館に新部門-嗅覚アートセンター設立へ

  • 0
NYのアーツ・アンド・デザイン美術館に新部門-嗅覚アートセンター設立へ

嗅覚アートセンターを設立する「ミュージアム・オブ・アーツ・アンド・デザイン(MAD)」

写真を拡大 地図を拡大

 コロンバスサークルにある「ミュージアム・オブ・アーツ・アンド・デザイン(MAD)」(2 Columbus Circle, New York)が12月9日、新部門「嗅覚アートセンター」の設立を発表した。

 同センターは、嗅覚アート専属部門を設ける初の美術館として、展覧会やプログラムを展開していく。キュレーターには、ニューヨーク・タイムズ紙で香水評論家を務めた経歴を持つチャンドラー・バーさんが就き、同センターの運営を指揮する。

 MADのディレクター、ホリー・ホッチナーさんは「嗅覚アートという分野は歴史上見落とされてきた。今日では史学者、キュレーター、世論の間では30年前の写真に相当すると認識され、視覚では見とれない独自のアート形式として位置付けられている」とコメント。「あらゆるメデイアを取り入れ、ジャンルの間にある境界をなくすことを目指す新部門」とアピールする。

 同センターは現在、来年11月に開催を予定する「香りのアート展:The Art of Scent 1889-2011」を準備中。19世紀後半と20世紀、21世紀から独創性に富んだ10種類の香りを展示するほか、アーティストやチャンドラーさんによる講演、香り成分などを学ぶ授業の場も用意する。

 「視覚アートが視覚に語りかけるように、嗅覚アートは嗅覚に語りかけてくる。ここでは実体験型のプログラムも用意し、来館者は香りを嗅いでアーティストの革新的な作品を探求できる」とチャンドラーさん。

 開館時間は11時~18時(木曜は19時まで)。日曜・祝日休館。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

「エンタメ・スポーツの会」参加者のみなさん Photo credit: Shintaro Ueyama              
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

ニューヨークで思い切り楽しみたい!みなさんはどんな特集に興味がありますか?

アクセスランキング