天気予報

11

2

みん経トピックス

NY屋外フードマーケットNYとソウル、都市間提携

ハロウィーン2011、流行と傾向は?-消費支出は過去最高を予測

ハロウィーン2011、流行と傾向は?-消費支出は過去最高を予測

チェルシーにオープンした、ハロウィーンショップ「Spirit」

写真を拡大 地図を拡大

 10月に入り、月末に控えるハロウィーンに向けのショップが続々オープンし、年に一度の大イベントの流行と傾向が見え始めている。

 全国小売連盟(NRF)の調査によると、今年のハロウィーン関連商品の消費支出は総額69億ドル(約5,300億円)とされ、昨年の58億ドル(約4.500億円)を上回ると予測。2005年の2倍の売り上げに値し、過去最高になると推測される。

 ニューヨークでは、アメリカのハロウィーンショップの中でも最大規模の「Spirit」が、マンハッタンのチェルシー(55 W 25th Street, New York)に巨大ポップアップショップを初オープンし、早くも買い物客でにぎわっている。

 「『グリーンランタン』『キャプテン・アメリカ』『マイティーソー』など、スーパーヒーロー系コスチュームについて訪ねられることが多い」と同店スタッフ。今年はアメコミの映画化が続いたことから、ヒーロー系キャラクターの人気がうかがえる。

 店頭にはアメリカで人気再来となった「スーパーマリオブラザーズ」のほか、映画が人気の「スマーフ」、携帯アプリの「アングリーバード」、バービー人形で有名なマテル社のオリジナル人形「モンスターハイ」など、子どもから大人を対象とした話題のキャラクターコスチュームも多い。

 そのほか、奇妙な言動からお騒がせ俳優として名高い俳優のチャーリー・シーンさんや、隠し子騒動で話題になった、元カリフォルニア州知事アーノルド・シュワルツェネッガーさんなどの衣装や小物、フェースマスクも見られ、実在する著名人をテーマにした仮装も今年の傾向として現れているようだ。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

福島県近江町の伝統工芸品「相馬焼」を説明する松永さん Photo Credit: Fellowship for Japan
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

ニューヨークで思い切り楽しみたい!みなさんはどんな特集に興味がありますか?

アクセスランキング