食べる

いきなり!ステーキ、「いい肉の日」に米国11号店オープン

「Ikinari Steak Bleecker店」店舗の様子

「Ikinari Steak Bleecker店」店舗の様子

  •  

 「いい肉の日」である11月29日、ニューヨークに「いきなり!ステーキ」米国11号店となる「Ikinari Steak Bleecker店」(205 Bleecker St)がオープンした。

 同店は、日本で立ち食いステーキ店を展開する「ペッパーフードサービス」が出店。出店場所のウエストビレッジは閑静な住宅街でありながら、人気レストランやセレクトショップが軒を連ね、現地ニューヨーカーや観光客でにぎわうエリア。新店は10号店(Madison Ave店)のコンセプトを引き継ぎ、店内全席でパーティションを無くし、スピーディーなテーブル会計を導入した。いきなりステーキ本来のスタイルである、カット場での量り売りも常時行う。

[広告]

 オープン当日は、人気メニューのリブアイステーキ10オンス(25ドル)を特別価格20ドルで提供した。CAB(Certified Angus Beef)のボリュームあるステーキを割引価格で楽しめると店内は11時のオープン直後から多くの人でにぎわった。

 ペッパーフードサービスは昨年2月23日、海外初店舗となる「East Village店」オープン後、わずか1年以内で11店舗を開店。9月にはNASDAQに上場し、米国でのさらなる知名度・信用度向上を図る。今後も「いきなり!ステーキ」ニューヨークの既存店舗の基盤を固めるとともに、フランチャイズを含めた積極的な多店舗展開を構想しているという。

 営業時間は11時~23時。

ニューヨーク経済新聞VOTE

ニューヨークで思い切り楽しみたい!みなさんはどんな特集に興味がありますか?