3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く 学ぶ・知る

NYで日本製テキスタイル展示会「JAPAN TEXTILE SALON in NYC 2020」 第3回開催

展示されているテキスタイルを注意深く眺める来場者

展示されているテキスタイルを注意深く眺める来場者

  • 0

  •  

 ニューヨーク・チェルシーのThe Altman Building(135 West 18th Street)で1月21日・22日、テキスタイル展示会「Japan Textile Salon in NYC」が開催された。

 本展示会は日本貿易振興機構(ジェトロ)が、高い技術力を有する日本のテキスタイル企業の海外販路開拓支援・米国需要発掘を目的に開催。ファッションやデザイン関係者に向け、日本の新しい技術や、ユニークで高品質なテキスタイルを提案している。

[広告]

 今年で3回目を迎える今年は2021年の日本のトレンドテーマである「午後のひととき」「ハイパーノマド」に基づき、日本の繊維業界をけん引する16の企業が集結。「午後のひととき」では、淡いグリーン系を基調とした穏やかなカラー、「ハイパーノマド」では、茶系を基調としたアースカラーとネオンカラーをアクセントに展開された。企業ブースでは、 日本の高品質で新技術を使用したシルクやコットンなどが展示された。

 当日会場には、ニューヨークのハイエンドブランドをはじめとしたデザイナーやバイヤー469人が来場。今期のブーステーマである「サステインアビリティ」が意識されたダンボールのブースが好評を得た。その他、アメリカのファッション業界関係者によるパネルディスカッションが開かれ、2日間で7名スピーカーが登壇。国連が定める国際社会共通の目標、Sustainable Development Goals(SDGs)をもとに、サステナブルファッションの将来について情報発信された。

 当日参加したニューヨーク地元のデザイナーらからは「我々が意識して解決に努めていかなければならない環境についての目標や課題に対し、実際にユニークなアプローチで向き合っている方々から貴重な話が聞けた。会場にも環境へ配慮しているテキスタイルの買い付けのために訪れた」という声が多く聞かれた。

Stay at Home

ニューヨーク経済新聞VOTE

ニューヨークで思い切り楽しみたい!みなさんはどんな特集に興味がありますか?